子宮内膜ポリープ切除の日帰り手術

婦人系の病気になり、手術が決まりました。今まで手術、入院の経験が全くないので、手術の方法、リスク、病院の入退院、費用、準備物、心構えなどあらゆることを調べました。病気のことについてもより詳しく知るため調べました。

医学的立場からの病気の詳細を知ることができ、原因、症状など詳しくわかりました。今では、体験談など数多くブログ等で拝見できますので、当事者がどの時期にどう動くか、補助金等の知識、心理的不安の解消方法等がわかり、安心して手術にのぞむことができました。でも、ひとつの病気でも人それぞれなのです。自分自身の体で感じることは、全く違うということがわかりました。あくまでネットでの情報は一例なんだと、あらためて思いました。

病気になって不安になる人は多いと思います。ネットではあらゆる情報があふれていて、どれが本当なのか判断するのが難しいです。でも、同じ病気になっている人は必ずこの世にいるはずだから、ブログなど体験談など探してみてください。自分ひとりで悩むより、情報をとりいれ少しでも安心、それに対する理解をしていけば、心も軽くなるはずです。

昨年の冬に子宮内膜にポリープが見つかりました

検診で訪れた婦人科で指摘され、ただただ呆然としました。

ポリープと聞いてガンを思い浮かべたのです。

自覚症状はまったくなかったので、あまりにびっくりしてその時の医師の説明もよく覚えてないほどです。

でも、子宮内膜ポリープはそんなに珍しいことではないのですよね。

帰宅してネット検索したら、ブログで体験談がたくさん出てきました。

職場でその話をしたら、同僚が「あ、私も5年くらい前に手術して取ったよ」と軽く言いました。

さらに彼女に話を聞くと、子宮内膜ポリープは除去しても再発することも多いようです。

彼女もまたポリープが2、3個できてしまっていると言っていました。

その当時私は妊娠を希望していたので、早急にそのポリープを取ることにしました。

手術数が多い杉山産婦人科丸の内に紹介状を書いてもらい、すぐに詳しく検査して手術の日取りを決めました。

日帰りとはいえ、人生初の入院、そして手術でした。

雪の降る寒い日だったこと、とても緊張したことを覚えています。

手術室に入る時はドキドキでしたが、麻酔医に「お酒が強い人でも麻酔は効くよ」と言われたところで記憶がなくなり、気づいた時には手術は無事終わっていました。

ポリープは良性でしたし、その後なんと半年で妊娠できたのですぐに取って良かったです。

PR|生命保険の選び方|貯蓄|JALカード|童話|お小遣いNET|マッサージのリアル口コミ.com|内職 アルバイト|GetMoney|オーディオ|英語上達の秘訣|生命保険の口コミ.COM|お家の見直ししま専科|女性の人生|心の童話|ショッピングカート||工務店向け集客ノウハウ|